070-3342-0803

ブログ

2018/01/22(月)

【朗報】四十肩五十肩を今すぐ改善したいあなたへ【大田区蒲田肩こり】

カテゴリー:四十肩五十肩

 

@大田区の整体院より

こんにちは
大田区蒲田「肩こり」専門整体院
院長 相馬直子です。

とうとう雪が降ってきましたね。

東北育ちなので
雪は珍しくないはずなのに
やっぱり上がってしまう
テンションですね。

今日は最後のクライアントさんも
巻きできてもらうことになりました。
電車が心配ですしね。
こんな日は
早めに整体院を切り上げようと思います。

こういうのんびりなところは
あっという間に
オーストラリアに順応して
そのまま残ってしまうもの
なんですね。

さて今日も四十肩五十肩です。

みなさん年齢が…と
おっしゃいます。

確かに、年月は関係あって、
そうなのかもしれないのですが

あえていうなら
腕や肩を長い間
酷使し続けて休めないまま
40代や50代を迎えてしまった結果、
身体が悲鳴をあげた
ということかなと思います。

なので、年齢だけのせいとも
言い難いものなんです。

今日は
四十肩五十肩になって
病院に行ったら
どんなことをするのか?

ということをお話しします。

 

痛みがあまりにも酷い時は注射

症状にもよりますが
日常生活が困難なほど
痛い場合は
ステロイド剤
またはヒアルロン酸を
滑液ほうに注射します。

ただこれは痛みを止めるものなので
一時的なものです。
腕が上がるように
なるわけではないのと、

かえって痛くなったので
当院に来たという方も
いらっしゃるので、

実質は選択肢のうちの一つ
という認識に止まります。

 

飲み薬や貼り薬の方が抵抗がない場合は
それを利用するものいいと思います。

アンフェナクナトリウムが一番早く効くと
言われていますが
これも一時的なものです。

ただ痛みが強い場合は
我慢せずに頼った方がいいと思います。

 

手術

四十肩五十肩にも手術という選択肢はあります。

「関節鏡視下授動術」という方法が主流です。

関節内の癒着をはがしたり、
靭帯を切断、骨棘を削る、可動域あげる
ようなことをします。

ただ、細胞が空気に触れることによって
また癒着を起こす場合もあります。
施術してもほとんど改善しなかった
という声もあるので

あらゆる外科的治療は最終的な手段
と考えて欲しいと思います。

 

 

 

 

2月14日(水)まで
先着6名様限定割引 → 残り1名様

ご予約は今すぐお電話で

070-3342-0803

【受付時間】9時〜21時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は9時〜21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。