070-3342-0803

ブログ

2018/01/22(月)

【大田区蒲田肩こり】あなたの肩の痛み本当に四十肩五十肩?

カテゴリー:四十肩五十肩

 

@大田区の整体院より

こんにちは
大田区蒲田「肩こり」専門整体院
院長 相馬直子です。

今朝は冷えますね。

朝のジョギングは
いつもより半分で
引き返してしまいました。

それでも走るのはランナーの
さがでしょうか?

今朝も走っている人を見かけて
「こんな時でもやっぱり走るよね?」
みたいな目配せをしてしまいました。

朝の通勤は
大丈夫なようですが
早めの帰宅が
良さそうですね。

さて今日もシリーズですが
いくつか四十肩五十肩と言っても
色々あるんだよ
というお話をしました。

でも、実はまだあります。

今日はそれをお伝えして

四十肩五十肩の見分けかたを
お伝えします。

まず

リウマチによる肩の炎症
免疫疾患のひとつで、その免疫異常のせいで
肩周辺の「滑膜」という組織に炎症が生じます。

頸椎症による肩の痛み
首の骨の変形や、
首の骨と骨の間にあるクッションのような
椎間板が出てきてしまう頸椎ヘルニアによる
肩の痛みもあります。

肺がんや心臓疾患の関連痛
関連痛とは体のある場所で生じた
痛みのはずなのに
そこが痛まず、他の場所が痛くなるもの。
脳が勘違いして伝わったものですが、
左肩の痛みは関連痛だったりする
こともあります。

こんな風に肩の痛みは
首からや内蔵からの影響も
見逃せません。

でも、症状は同じ。

じゃあどうすればいいんだー
と思いますよね?

これ結構、
簡単にわかります。

お家の方に
協力してもらってください。

通常、挙手した時に
上がらない
痛い
後ろに回せない
などなどありますが

もし通常ではなかった場合、
私がサポートすると
上がってしまったりします。

自分ではできないけれど
誰かがやると上がってしまう。

反対に通常の四十肩五十肩は
肩甲骨周辺が
ガチガチになっていたり
筋肉が硬くなっていたりして
他人がやっても
構造的に上がらなくなって
しまっています。

 

今日は四十肩五十肩の
区別を紹介しましたが、

詳細は必ず!病院で
調べてもらってくださいね。

あくまで
通常の四十肩五十肩との
区別ができるだけです。

 

 

 

2月14日(水)まで
先着6名様限定割引 → 残り1名様

ご予約は今すぐお電話で

070-3342-0803

【受付時間】9時〜21時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は9時〜21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。