070-3342-0803

ブログ

2017/07/19(水)

なぜ呼吸法を変えると肩こりが消えるのか?

カテゴリー:呼吸法

 

こんにちは

今回は、「呼吸」についてまとめてみました。

というのも

今日のクライアントさんは肩こり首こりが10代のころからあって
頭痛もひどく薬が手放せない、特に動いた後に頭がいたくなり
すごく疲れやすい、他にもむくみや冷えなどに悩まされていました。

もちろんどの筋肉が原因でこのような症状がでてるのか
評価していきますが
今回は「呼吸」が気になったのです。

呼吸は無意識のうちにしているのでなかなか注意を向けられません。
しかし呼吸は姿勢、肩こり、睡眠、イライラしたりなどなど
私たちの日常生活に広く関わっています。

呼吸をするときには胸郭が動きます。
実際に自分の胸郭に手を当ててみると分かりますが
吸う時には広がり、はく時に戻ります。

そのため、
・猫背である
・姿勢が悪い
・胸郭が硬い
・体幹・胸部・背部・頚部の筋肉が硬い
と呼吸が浅くなります。

呼吸が浅くなると
・肩こりになる
・疲れやすくなる
ということになります。

そうして

長時間同じ姿勢を続ける

姿勢が悪くなる

呼吸が浅くなる

肩こり、不眠、イライラ

という方程式ができあがっていくのです。

肩こりや頭痛で悩まれている方には一度
胸いっぱいに酸素をいれてあげることをお勧めします。

セルフエクササイズとしては
①掌を上に向けて息を吸う(吸いながら腕を上にあげる)
②息をはきながら腕をまわす(このとき肩甲骨どうしをくっつけるイメージで)

呼吸を少し気にするだけでこの負の方程式から解放されやすくなります。
頑張り過ぎの体が悲鳴を上げる前にメンテナンスしてくださいね。

 

 

 

2月14日(水)まで
先着6名様限定割引 → 残り1名様

ご予約は今すぐお電話で

070-3342-0803

【受付時間】9時〜21時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は9時〜21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。